<PR>スピーチ原稿作成サイト話王Open!

<PR>スピーチ原稿作成サイト話王Open!
<PR>えっ、スピーチ?うわっ、困った…そんなお悩みをスッキリ!

2017年7月26日水曜日

学区キャラ



地域おこしのためにいろんなキャラクターが生まれたが、
最近は、もうキャラクターの時代は終わった的な意見が多い。


そんな中、静岡市葵区の北沼上小学校の見城校長は今年4月に赴任し、
キーたんとヌマコちゃんんという2体のキャラクターを自分で作った。

しかも、そのキャラクターが登場する4コマ漫画を週一回描いて、
小学校の校内に掲示している。


内容は学校行事や日常生活をテーマにしたもので、すでに12話を数える。
また、通学路や学校の正門の案内板、学習プリントにも
キャラクターを活かして校区のピーアールに努めている。

4コマ漫画は毎週月曜日に掲示されるが、土日の休み明けの子供たちの
重い足取りを少しでも軽くしてもらえたらという願いもこめたという。


地域の情報発信の場として学校はわりと大きな存在だけに、
こうした活動が地域全体の活性化に結びつく意味でも面白い試みである。

http://www.at-s.com/news/article/local/central/384031.html
学区キャラ「4こま漫画」に

2017年7月25日火曜日

読書感想文



夏休みになった。まだ、始まったばかりだから、そう気にならない。
ところが、8月になりお盆を過ぎることになると気になるものがある。

夏休みの宿題である。とりわけ読書感想文はまず読まないことには
書けないから、ほとほと疲れてしまう。


そこに登場したのが「読書感想文が、よく書ける原稿用紙。」だ。
兵庫県宝塚市のグラフィックデザイナーが開発したもので、
メモの取り方や感想文の書き方がわかりやすく学べる。

開発者はアメリカのプレゼンテーション番組に感銘を受け、
欧米と日本の作文教育のちがいを調べた。

その結果、欧米は相手を説得する技術取得の手段であるのに対し、
日本は個性を表現する作品となっていた。
しかも、アメリカでは書くための思考を養うために、
「視覚的な思考整理の型」を使っていることが特長だった。

そこで、アメリカ流の型を日本版にアレンジできないかと思考し、
「読書感想文が、よく書ける原稿用紙」の開発となった。

現在、小学1,2年生向けと小学3年以上向けの2種類を販売中である。

http://manabinomikata.com/dokukangenkou.html
読書感想文が、よく書ける原稿用紙。

2017年7月24日月曜日

山川光男、飲んでみる?



突然ですが、「山川光男」ってご存知ですか?

山川光男は言う「自分の心がワクワクするような夢を追い続けたい」。
「新たな一歩を踏み出すことで、仲間とともに苦しみや喜びを
 分かちあえる人生でありたい」と。


山川光男の仲間とはだれか?

それは「山形正宗」「楯野川」「東光」「男山」

つまり、山川光男とは酒どころで有名な山形県の4つの蔵元の銘柄の
一文字をとって結成した志あるユニットなのである。

志あるユニットだけに山川光男は、粋でおしゃれで好奇心旺盛。
ジャズや落語が趣味で、酒のことになると決して妥協しない。


そして、昨年夏から季節ごとに小洒落たお酒を発売し人気を博してきた。

2017なつバージョンは、いつもより少しアルコールを抑えてみたという。
ゆるゆるの山川光男にそう言われると、飲んでみたくなるから不思議?

http://yamakawamitsuo.jp/
山川光男

2017年7月21日金曜日

ヘアドネーション



女性のがん患者の悩みのひとつに、放射線治療による脱毛がある。
自分の髪の毛が抜けてしまう悲しさと抜けた後の対応にも苦慮する。

今はウィッグを着用する人が多いが、これが子供用となると、
頭に合うサイズを見つけるのが困難だとか。


人毛のウィッグのために自分の髪を寄付する活動をヘアドネーション
というが、ひとつのウィッグを作るのに約30人分が必要になる。

2015年に女優の柴咲コウさんがヘアドネーションを行ったことで、
寄付する人や協力してくれる美容室が増えたという。


協力店2000の美容室から毎日1割近くの200件ほどの髪が寄せられ、
専門家にウィッグの製作を依頼する。

年間のウィッグ製作数も増えたが、ウィッグの申請者も増え続け
順番待ちだという。

https://www.jhdac.org/index.html
ジャパンヘアドネーション&チャリティー

2017年7月20日木曜日

満杯寮



下宿とか寮生活などというと、最近の若者には敬遠されるかと思いきや…
高知県南国市にある高知農業高校の舟入寮は超人気である。


寮は1978年に開設されたが、今年の春で86人が入寮し満杯状態となった。
入寮生が増えたわけは、2015年に入試が一発勝負方式になり、
志願者も入学者も増えた結果、寮に入る学生も増えたということである。

寮生の多くは運動部に所属していて、遠隔地だけではなく、
近隣から通っている学生も練習時間確保のために入寮するとか。


3食付きで寮費は4万2千円、86人分の1食分のお米は35~40Kg。
洗濯機も5台増やして22台が連日フル稼働しているという。

3棟ある寮の1部屋は12畳ほどだが、2段ベッドが2組と机が4つあり、
いわばすし詰め状態。


それでも、今年入寮した学生は
「掃除、洗濯は慣れた。先輩は優しいし、ごはんもおいしい。楽しいっす」

http://www.kochinet.ed.jp/nogyo-h/031.html
舟入寮

2017年7月18日火曜日

ヘディスというスポーツ



イギリス・ロンドの北西にあるラグビー校でサッカーをしている最中に、
ウェッブ・エリスという少年が突如ボールを持って走り出した。

それがラグビーの起源であると言われているが、
エピソードが実話である証拠は、残念ながら残っていない。

いずれにしろ、スポーツは元々あったものをルールを変えたり、
他の競技と組み合わせたりして新しいものが生まれてくる。


ヘディスというニュースポーツをご存知だろうか?
ヘディスは卓球台を使い、直径約16センチのゴムボールを
頭で打ち合うゲームである。

サッカーのヘディングとテーブルテニスを合わせたスポーツで、
2006年にドイツで考案された。


日本でもヘディスを普及しようということで、
静岡県磐田市渚の交流館でヘディスの静岡県大会が開催された。
上位2人は第一回全国大会に出場する。

磐田市ジュビロ磐田の本拠地であり、卓球では水谷隼、伊藤美誠という
トッププロを排出している。

http://headis.jp/about/
ヘディス

2017年7月14日金曜日

ナマズスタジアム



マツダスタジアムといえば、セリーグを独走する広島カープの本拠地。
ここで、鯉ならぬナマズ料理が披露された。
(むろん、カープファンが鯉を食べるのはご法度か)


ナマズ料理「なまっし~のかきあげ丼」を販売したのは、
県立油木高校産業ビジネス科1年生の4人である。

同校では、2011年に廃校となった小学校のプールで、約1700匹を養殖し
調理できるサイズまで育て上げた。

2年後、高校生の取組みに触発された地域住民もナマズ養殖を開始した。

そのナマズを使った料理が「なまっし~のかきあげ丼」で、
マツダスタジアムの3塁側売店で1ヶ月ほど販売している。


ナマズはウナギに代わる食材として注目を浴びており、
地域の耕作放棄地などが再活用できるとあって住民も期待を寄せている。

かきあげ丼を食べたお客さまの反応も上々で、
グラウンド外でもボルテージは上がりっぱなしである。

http://akinomono.jp/blog-entry-10614.html?sp
なまっし~のなまずのかきあげ丼